タナットネイチャーLab × ミラコラ

自然農法から学ぶ
ミラコラキッズ農業体験

無農薬・無肥料でプランター栽培「土のつくり」のコツとは~家庭で自然農法

インタビュアーはミラコラ代表の山田。

ミラコラキッズたちが自宅で無農薬+無肥料でプランター栽培に挑戦します!

プランターで野菜つくりを始める準備としての「土つくり」について、

教えてもらいました!

山岸
山岸

実は、土ってもともと、石が細かくなって出来たものなんです。

山岸
山岸

で、なんであんなに「ふくよか」になっていくのかというと、カギとなるのが微生物。実は土の中には、いっぱいの微生物が住んでいるんです。

だから、土を作るというより「中の微生物を活性化させる」、微生物をイキイキとさせるんです。微生物が困らず過ごせるようにする。というのが土づくり。「微生物を元気にする」というのが、基本。

山岸
山岸

肥料をあげると、植物は根から養分を吸います。でも本来は、微生物が自分たちで分解も生成も出来るんです。肥料を上げると、微生物たちが活性化しない。微生物が「自分は不必要だ」と思い、いなくなる。

山岸
山岸

買う土には、すでにちょっと肥料が入っているんです…。雑草が入っているところの土には微生物がいるんですよ。

山岸
山岸

出来たら「葉っぱの丸い雑草」が良いです。稲のようにガーっと伸びているところの土は、結構荒れているんです。

山岸
山岸

籾殻(もみがら)をもらって来て、ドンと敷いてあげると、微生物の住処になる。混ぜると腐る場合があるから表面に敷く。本当は木のチップみたいなの(おがくず等)が良いんです。

山岸
山岸

米ぬかは、実は肥料なんです。どうしても入れたかったら、パラパラパラぐらいでいいです。入れるとよく伸びるけど、栄養が高くなって腐敗が始まる場合がある。生ごみを完全に堆肥化している人がいたら、それを入れてもいい。

山岸
山岸

苗が出来たら、雑草は抜きましょう。小さいときは雑草に負けるんです。「今雑草抜いといたから、頑張るんやで!」って気持ちを込めて。「思う」…念ですね。これは苗に伝わる。絶対あると思います。

山岸
山岸

1つには「頑張れよ、お前のことが好きや~」。もう1つには「アホ!ボケ!カス!」っていうとグレて、大きくならんのです(笑)。人間と一緒(笑)。

山岸
山岸

コツは、「愛を持つこと」。やってみて、わからないから調べてみる→わかって試す。興味を持ち、愛を持つと、自らで実験するようになる。出来上がってくるのが「いろんな人の自然農法」。いらないものを入れない。肥料とか農薬とか。

農薬とかは、自分たちが食べるものに対して、虫が邪魔やから殺す。これって考えたら、恐ろしいこと。人だったら、殺人犯です。大きくなれよ!って言って肥料をやる…えーって思う。消毒は、中の変な微生物を殺して、肥料を入れる。それは「土」という形だけがあるだけ。微生物を殺し、サプリメントを入れて、そこに虫が来たら、「邪魔じゃ!」と殺す。これは恐ろしい。

山岸
山岸

さらに、地球が痛んでいき、土が固くなってくる。雨が降って、上の土が流れる。肥料が染みた土が、川に流れる。昔は、サワガニとかいたけど、汚れを落とすために、界面活性剤(洗剤)が流れたために、生物が生きていけなくなった。生態系が崩れていく。これは本当に問題やなと。

YouTube

SHARE

TNL×ミラコラ

いただきますの歌 ミラコラホンキッズのFarm Shangri-La

タナットネイチャーLab
× ミラコラ

ミラコラキャリア塾とは?未来をつくるチカラを育む「生き方塾」のこと。小学生と企業がコラボし、より良い社会を目指して、様々なミッションに立ち向かい、商品開発やプロジェクト活動を行いながら、社会にパブリックイノベーションを起こします。

このプロジェクトは「タナットネイチャーLab × ミラコラ」がプロデュースする「自然農法2.0 〜自然農法から生き方を学ぶ〜」プロジェクト。

化学肥料や農薬を使った野菜よりも、自然に育った野菜の方が安全で美味しい!でも、本当の自然とは、自然体(自然の心)で接すること。愛情を注ぐこと。「ほっとかんとほっとく」農業からは様々なことを気づけます。農業を通して、「生き方」を学ぶ文化を広めることがこのプロジェクトの目的です。

一般社団法人 未来とコラボ

【代表】山田将史

【連絡先】0561-62-5231

【本部】愛知県長久手市氏神前304-1

【活動内容】

  • 「こどもキャリアパーク ミラコラ」の企画・運営
  • 指導者向けファシリテーター育成事業

https://miracolla.jp

RELATED

無農薬野菜のご注文

通販・宅配・お取り寄せは、 下記のオンラインストアにて 承っております。